So-net無料ブログ作成
検索選択

2011-07-13



きかん支炎とのどの痛みのどに痛みを起こす病期にはきかん支炎があります。



きかん支はこうとうから肺のきかん分岐部と呼ばれる枝状になった部分までがそうです。



発熱、倦怠感、ずつうなど、いわゆる風邪の症状が見られ、何度も咳をすることでお腹のきんにくが使われ、きんにく痛になることもあります。



治療するには、咳をおさえて、たんを出指せるように作用する鎮咳去痰薬がこうか的です。



きかん支炎になると、咳をするたびにゼーゼーと呼吸が荒くなり、のどもとっても痛みます。



呼吸にはとても大切なきかんですから、もしういるすなどに感染して炎症を起こすと、体を守ろうとしてはげしい咳が出たり、粘着質のたんもたくさん出るようになります。



きかん支炎は慢性化すると慢性きかん支炎となり、症状が進むと呼吸困難になるなどより重症化するリスクがたかまるとされますから、のどに痛みをかんじたらはやめの手充てをこころがけましょう。



風邪をひくときかん支炎に掛かる方はとても多くいます。



たばこを吸うとはっしょうしやすいとされ、のどに痛みが起こらないようにするには禁煙することが大切です。



中でもきかん支がまだ細いにゅうようじがかかるときかん支喘息になる可能性があります。



アレルギー退室の方もきかん支炎になりやすく、喘息になりやすいので注意が必要になってきます。



そしてきかん支にまんえんした風邪ういるすやいんふるエンザういるすを殺菌してくれる構成剤もつかって治していきます。



きかん支炎はホ凝りや空気中の化学ぶっしつによってもひき起こされますので、大気が汚れている場所ではマスクをするなど対策をするとよいでしょう
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。